事故の被害者の示談交渉は交通事故弁護士に依頼をすべき理由

示談交渉は弁護士に依頼を

交通事故の示談交渉をするような敵には交通事故弁護士に依頼をすべきです。理由は簡単で示談の相手はプロになる事がほとんどですから、まず交通事故弁護士でなければ太刀打ち出来ません。交通事故の場合はまず保険会社との交渉になるでしょう。

保険に加入しないで車に乗るような事は日本ではほとんどありませんから、まず保険会社と示談交渉をすることになっていきます。若しくは加害者が雇った弁護士が出てくる場合がほとんどです。場合によってはその両方という事もあるでしょう。そして、当然の事ながら彼らは加害者の見方をするようになります。加害者側の弁護士は雇われているわけですから、当たり前ですが、保険会社が加害者の肩を持つのは不思議に思うかもしれませんが、保険会社は保険金を出来るだけ支払わないで済むようにしたいと考えますから、加害者の方に肩入れするように考えます

保険会社が考えている事は、自分たちが利益を出すことですから、即ち自分たちの保険金が出来るだけ払わなくて済む解決方法を模索するようになっています。保険をしていること自体がお金儲けなわけですから、ことの事をまず頭に入れて全てを考える必要があります。

交渉のプロに任せるべき理由

保険会社も弁護士も交渉のプロであり経験豊富で知識も圧倒的に持っていて過去の裁判などもさまざまに経験をしています。そのような交渉のプロと素人が交渉すればどうなるかは一目瞭然で分かるはず。当然勝ち目などありません、圧倒的に不利な条件で示談するしかないような事に持っていかれることになるでしょう。

ですから、示談交渉は交通事故弁護士に任せるべきなのです。相手がプロならこちらもプロを用意するしかありません。交通事故弁護士なら誰でもいいというわけではなく経験豊富な人を選ぶようにするのが良いでしょう。経験というのは大きな意味を持ちます。特にネームバリューもある意味では大きな意味を持つことは知っておきましょう。名前も知らないような弁護士とそうでない弁護士とでは交渉の結果は違ったものとなることもあるという事です。

それぐらいに交通事故の示談交渉は難しいモノだという事を知っておく必要があります。このことは過失割合で10対0があまりないという事を見ても分かるでしょう。過失割合というのは事故に責任がどちらにどれぐらいあるのかという事を数字で示したもので、10対0という事は100%の責任が相手側にあるという事を意味していて、この場合は事故によって生じた損害の全てを相手側が負担をすることになります。

示談交渉はとても厳しい

車と人との事故であれば10対0というのはあることですが、車と車の事故の場合には10対0になる事は難しいところがあります。相手側に主たる責任があると考えられる場合でもこちら側に全くのミスが無いという事を証明することは非常に難しいからです

そうなると何らかの理由を付けられてこちら側にも責任の一端を押し付けられるという事は良くある事です。
そのような事になる理由は簡単で、誰も事故の再現を正確にすることなど出来ないわけですし、カメラなどで映像があったとしても、それで事故の要因を全て解明できることなどほとんどないからです。

そして事故の考えかたが違うからこそ示談交渉になっているわけですから、基本的には相手は出来るだけ自分の過失を認めないようにしたいと考えてきています。弁護士を雇っているような場合は明確にその意思を示しているといってもいいでしょう。当然交渉は難航することが多くなります。何しろ誰にも正解が出せないことを話し合いで決めようとしているわけですから、結局最後は双方がある程度の妥協をすることで納得するしかないという事になっていきます。それぐらいに示談交渉は厳しいという事です。