慰謝料増額に大きな力になってくれる交通事故弁護士

慰謝料を増額させるために

交通事故にあってしまった方はそれだけで大きな犠牲が発生してしまいます。でも、相手方が自賠責だけはなく任意保険も入っていた、保険会社の方がすぐに連絡をくれて対応も良いから安心と思ってい待っていないでしょうか。そう思って安心しきっていると賠償金で損をしてしまいます。

交通事故の賠償金には治療費、休業補償、さらに慰謝料などがあります。慰謝料は精神的な苦痛や生活に及ぼす影響などが加味されるので一番差が出やすい部分でもあります。その分、よく妥当な金額かをチェックしないと損をしてしまう可能性も高いのです。そして、それを逆手にとって保険会社は払う金額、つまり出費を抑えたいと目をつけてくる部分でもあります。そのた慰謝料が低すぎる状態で提示することが多くなっていますので、任意保険は救うことが目的だしとか対応がしっかりしている会社だからと甘く見ていると危険です。

慰謝料は入院していいた日数や通院期間、さらに症状の大きさなどの要素が大きくかかわってきます。入院日数は解釈にばらつきようがないので、あまり問題にはならないのですが、通院の場合は通院した期間ではなく実際に通った日数であったり、必要ない通院だったと制限を加えられることもあります。解釈の仕方も都合の良い方法になっていることもあるので、医師との確認などもするとともにその根拠なども保険会社に聞いておくことも役立ちます。

さらに、治療を重ねてもこれ以上の回復は見込めないと症状の固定があった時は、第三者の機関で後遺障害を認定してもらうことで一般的な慰謝料とは別に後遺障害の慰謝料も発生しますので、これも自分から認定を受けたいと動かないと補償を受けられません。このように交通事故に関する慰謝料は細かい部分が多く、知らないこともたくさんあります。

そのため知らず知らず低い慰謝料で示談してしまった、請求できるものを請求しなかったなどの損をしてしまうケースがあります。そんなことがないように相談しておきたいのが交通事故弁護士です。専門的な知識と豊富な経験で妥当な慰謝料増額の交渉をしてくれたり、漏れを見つけて請求したりとサポートしてくれます。提示されている慰謝料が低い場合には慰謝料増額のために交渉を代行してくれます

保険会社の提示する額は低め

保険会社の提示する金額は低いことがほとんどで、裁判所の判例での目安の金額よりもかなり損をしています。この部分を弁護士は法的な根拠を示しながら話し合ってくれるので、保険会社としても無理できないですし、いざとなったら裁判を起こすこともできる立場ですので、十分な威力を発揮してくれます。そのため、多くの場合は、保険会社も比較的短期間に話が進んでまとまり、慰謝料増額につながります。

さらに、後遺障害についても、認定を受けさせる、さらに認定されればその慰謝料についても妥当な金額に引き上げる交渉をしてくれます。交通事故弁護士はさまざまなケースを対応してきた経験があるので、相手がどんな反論をしてくるかも予想ができますし、過去の判例や法律も熟知しているので対応できますので、交渉力も高いので妥当な金額に正すことができます。保険会社の社員も毎日交通事故を取り扱う身ですので詳しいことは間違いありません。

そのため、素人が対処しようとすると、かなわないですし法的な立場や権力もないので取り合ってもらえないという状態になり、イライラだけが募ります。交通事故弁護士はその部分をカバーしてくれるので、満足できる慰謝料だけではなく交渉する手間や煩わしさからも解放されて、治療や日々の生活に集中することができるのも利点です。交通事故の被害者の犠牲を正当に評価してもらうには交通事故弁護士のプロの力を借りることがおすすめです。