自転車事故は交通事故弁護士に任せる

自転車事故は重大なトラブル

自転車事故というとあまり大げさに考えない人が多いのではないでしょうか。しかし自転車もれっきとした軽車両の扱いです。もしも歩行者と自転車が絡む事故が起こった時には、圧倒的に自転車のほうが悪く取り扱われてしまいます。歩行者にぶつかってしまったことで大怪我を負わせてしまったり、逆に怪我をしてしまうなどといったトラブルも近年では増加傾向にあるというデータもでていて社会問題化している状況です。

スマートフォンを使いながら自転車に乗っていて、人と衝突してしまい死亡事故になってしまったケースもあります。
なぜこれほど自転車事故が増えてしまったのかというと、健康志向の人も増えてきていて手軽に運動ができること、アシスト自転車の登場によって原付バイクなどよりも便利に買い物に使えること、子供をのせていてもアシスト自転車なら楽に乗ることができるなどといろいろな要因があります。

便利で気軽に使えるのですが、自動車やバイクと違って交通ルールが曖昧な点があることや歩行者の延長上にあると考えている人が多いという要因などによって、事故を起こしてしまったり巻き込まれてしまうというケースが増えてきているのです。

慰謝料が高額に

そして自転車事故で近年問題になってきているのが、慰謝料などが高額になっていることでしょう。自動車やバイクに乗る場合には自賠責保険に加入することが義務になっています。ほとんどの人が、特に自動車の場合は自賠責保険にプラスして任意保険に加入しています。保険があるのでもしも事故にあってしまったときにも、代理で交渉してくれる保険会社や金銭的にも補償をしてもらうことができるので、加害者も被害者もある程度は救済してもらうことができるわけです。

しかし自転車の場合は保険に加入していないことも多く、慰謝料を請求されても支払うことができなかったり、怪我をしてしまっても満足のいく治療を受けられない可能性があります。
自転車事故では、相手との示談の交渉も自分自身でやらなければならないなど、肉体的にも精神的にも非常に大変でつらい状況に陥りがちです。
近年では自動車の任意保険の特約で自転車事故を補償してくれるものや自転車保険なども増えてきていますが、まだまだ事故が起こった時の補償や交渉は難しく厳しくなってしまうケースが多くなっています。

そこで交渉等を代理として任せることができるのが、交通事故弁護士です。交通事故弁護士に相談し、相手方との交渉を任せることができれば、適切な慰謝料を獲得することができるからです。
例えば自転車に乗っているときに自動車と事故を起こしてしまったとします。

示談交渉は自転車でもたいへん

相手方には保険会社がついているのに、自分は自転車なので自分自身で手続きや示談交渉をしなければならないとなったら大変なのはわかると思います。
そういったときに交通事故弁護士に最初の段階で相談をしておくと、示談の交渉など必要なことはすべて任せることができ、自分はもしも怪我をしてしまったなら治療に専念することが可能です

慰謝料も適切な金額を確保することもできますし、事故の過失割合についてもしっかりと争うことができるので納得がいく結果を得ることができるでしょう。
もしも怪我で後遺症を負った場合でも、後遺障害等級の手続きも任せることができるのでしっかりと補償してもらうえる等級を得る可能性が高くなります。

そして裁判で争うということになっても交通事故弁護士がついていれば、泣き寝入りをすることなく相手方と納得がいくまで訴訟をすることもできるでしょう。
交通事故弁護士に頼むのなら、自転車事故が起こってすぐに相談しておくとすべてを任せることができるので良い結果を得られやすくなります。