交通事故の逸失利益とは?

逸失利益とは

交通事故の逸失利益とは、その事故に合わなければ得られたであろう利益のことです。例えば会社員の人が交通事故にあい、治るまで入院しなければならなくなったとしましょう。その間、働いていないのですから当然ながら給料はもらえなくなるでしょう。この減った分の給料がすなわち逸失利益になります。

交通事故に合わなかった場合にも本当に以前と同じように働けたのだろうかとか、あるいは逆に交通事故に合わなかったらもしかしたらもっと頑張っていて以前よりも高い給料をもらっていたかもしれないなどというようなことは言いません。基本的には働けなくなる直前の給料がそのままもらえていたはずであり、それが失った分であると解釈します。
会社員のように一定の給料をもらっている人の場合は分かりやすい例ですが、自営業者であってももちろんこれは該当します。本来働いていれば自分のものになったであろう分のお金がそれに該当します。

ちなみに、交通事故により一定の期間だけ入院などにより完全に働けなくなり、退院後は即座に100%の力で仕事に戻れるなどということは普通はありませんから、その程度に応じて計算がなされることになりますが、少なくとも入院などで実際に全く働けなくなった期間についてはその間の給料の全てが逸失利益となるでしょう。

後遺症が残ったら?

一方、後遺症が残った場合にはどうなるのでしょうか。仕事に復帰できるようにはなったけれども、例えば四肢の障害、視力や聴力、言語能力などの障害が後遺症として残り、事故にあう前と同じようには働けなくなり、結果として給料も減少してしまったというようなケースです。この場合も当然ながら、交通事故にあわず、それまでと同じように働けていたとしたらもらえたであろう給料と、実際に受け取れている給料との差額は逸失利益に相当すると考えられます。

そういう意味では、退院し、仕事に復帰すれば即座にそれ以降は逸失利益など全く発生しなくなるわけではありません。退院し、仕事に復帰できるようになった後であっても逸失利益が発生するケースはあり得ます。

では、残念ながら治療が奏功せず、亡くなってしまったような場合はどうなるのでしょうか。この場合の逸失利益については若干考え方が異なります。上に書いた考え方をそのまま当てはめれば、例えば会社員の場合、事故にあう時点からその会社の定年まで働けていればもらえたであろう給料やボーナスの総額がすなわち逸失利益に該当すると思われるかもしれません。ですが、これは違うのです。本人が亡くなってしまった以上、利益というのは相続する側の人間にとってどうかということで考えられるのです。

仮に亡くなってしまったら

つまり、もし本人が事故にあわず、そのまま元気で働き続け、定年を迎えて老後を過ごし、天寿をまっとうして亡くなった場合に、遺族が遺産として受け取れたであろう金額のことを考えることになります。遺族にとってこの事故によって失ったお金、得られるはずだったのに得られなかったお金というのはそれだろうというわけです。すぐに分かるとおり、この金額は事故にあった人の事故後の給料やボーナスの総額とは明らかに異なります。

最後に遺産として残ったであろうお金というのは、その人が給料やボーナスとして受け取ったであろうお金から、生活費その他の支出として出て行ったであろうお金を差し引いた金額となります。ですから、この場合の逸失利益というのは思ったほどの高い金額にはならないケースが多くなります。

何か不思議な気がするかもしれませんが、本人が生きているかどうかによって大きく考え方が違ってくるわけで、つまりは本人が失ったお金なのか、それとも遺族が失ったお金なのかを厳密に区別しているという言い方もできるでしょう。