弁護士費用特約とは何か?

様々なトラブルに対処するため

自動車を運転中に起こり得るトラブルにはさまざまなものがあり、場合によっては被害者に対して多額の損害賠償責任を負ってしまうことがあります。

逆にこちら側が被害者となることもありますが、その場合は加害者に対して損害賠償請求ができるのが原則とはいうものの、相手の経済力によっては十分な金額が得られない可能性も否定できません。こうしたリスクに対する備えのため、法律によって加入が義務付けられている自賠責保険のほかにも、現在ではそれぞれのドライバーが任意の自動車保険に加入するのが一般的となっています。

任意の自動車保険の場合には、自賠責保険とは違ってその内容が固定されておらず、さまざまなメニューのなかから運転スタイルに合ったものを選択し、保険の内容に加えることができるようになっているのが特徴です。そのなかでも自賠責保険にはないオリジナルなメニューとして存在しているのが弁護士費用特約とよばれるものです。

この弁護士費用特約は、相手に対して損害賠償を請求する手続きを弁護士に依頼したり、法律上の問題について相談したりするにあたって必要となる費用を、保険会社のほうで負担してもらうための特約のことをいいます。

相手にケガをさせたときの損害賠償をまかなうための対人賠償保険、運転中にケガをした同乗者などの治療費を負担するための搭乗者傷害保険などの定型的なメニューとは違って、必ずしもすべてのドライバーにとってのニーズがあるメニューではないことから、あくまでも特約、すなわちオプションの取り扱いで、本人の希望に合わせて加入する形態がとられています。

任意保険だけでは不安?

もっとも自動車保有台数が一家に一台以上という車社会を迎えた今日では、あらかじめ任意保険にも弁護士費用特約を付帯させておかなければ、実際問題として困難な事態に着面してしまうことも少なくはありません。

たとえば通常は交通トラブルが発生した場合、当事者に代わって双方の加入している保険会社のスタッフが示談交渉にあたり、損害賠償などの具体的な金額を調整しますが、なかには相手が保険に加入していなかったり、相手の提示した金額が不誠実すぎて納得ができなかったりして、保険会社を通じた示談交渉がストップしてしまうことがあります。

こうした場合、あとは個人として対応しなければなりませんが、専門的な知識やノウハウがなければ交渉を進めることは困難ですので、弁護士のような法律の専門家の法律相談を受けた上で、方針が決まれば正式に以後の処理を依頼をするのが普通です。
しかし弁護士に依頼をする場合、最初の着手金の支払いをはじめ、コピー代や印紙代などの実費相当、最終的な報酬金の支払いなどで、多額の費用がかかってしまうことになります

前もってある程度の蓄えがある場合は別ですが、相手からの賠償金が手元にないのに弁護士費用を先に負担するのも現実的には難しく、結局のところ泣き寝入りをしなければならなくなるおそれがあります。

弁護士費用特約はメリットが多い

弁護士費用特約にはじめから加入しておけば、いざというときにもお金の心配をせずに安心して相談や依頼ができるようになりますので、毎年の保険料がその分だけ上乗せされるとしても、結果的には大きなメリットが期待できます。

保険料の金額設定は保険会社によって異なりますが、月あたりでは数百円程度の負担にしかならないケースが多く、得られるメリットと保険料のバランスを考えれば、決して負担が大きいということはありません

ただし特約をセットする場合に注意しておきたいのは、弁護士費用特約の具体的な内容も保険会社による違いが大きく、法律相談ができる回数が制限されていたり、特約でまかなわれる費用に一定の限度額が設定されていたりすることがあるということです。こうした内容についても確認をした上で、納得ができれば加入するスタンスをとるのが適当といえます。